ちりとまとチャンネル

チリトマト好きがゲームや動画などについて取り扱っています
トップスポンサー広告 → スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ACSLP 情報まとめ




■商品情報

タイトル : ARMORED CORE SILENT LINE Portable
(アーマード・コア サイレントライン ポータブル)
発売日 : 2009 年11 月19 日
価格 : 標準価格3,800 円(税込3,990 円)




■PS2版との相違点

・アドホック通信プレイ対応(最大4人)
・新パーツ・新ランカー追加
・メニューレイアウト刷新(ACFFベース)
・フルキーコンフィグ機能
・ワイド画面対応
・武器パーツの塗装変更
・視点カメラの挙動調整 など

※詳しくはAC3P 情報まとめ を参照。



■新規要素


①追加パーツ

本作ではパーツ数が大幅に増加します。
完全新規のパーツに加え、塗装パターンと性能が異なるアナザーカラー武器が大量に追加。
復刻パーツは、前作のものに加えて新たに10パーツが追加されます。
(計20種)

↓サポーターに公開された復刻パーツリスト

HEAD HD-D-9066 (PP)
ARMS ZAN-202/TEM (2)
LEGS ZLF-A3/CARM (2)
LEGS LN-D-8000R (PP)
BOOSTER B-PT000 (MOA)
EXTENSION BEX-AA00 (2AA)
ARM UNIT WG-RFM118 (PP)
ARM UNIT WG-XP1000 (1)
ARM UNIT ZWG-AR/K (2)
ARM UNIT KARASAWA-MK2 (2)

(10/1配信 サポーターキット第8弾より)

これを含めパーツ総数は約450種類に。
尚、リメイクに際してパーツ名称は変更されます。


②AIシステム

AI(人工知能)を持つ機体を育成し、AIアリーナで対戦、僚機として共闘、そしてアドホック通信を使用してプレイヤー同士で戦わせることができます。

AI機体をプレイヤー自らが操作して戦うことで、AIがその戦闘スタイルを学習します。
これを繰り返して育成を行います。

またこれらのAI機体を登録して、オリジナルの「AIアリーナ」を作成することができます。
AIアリーナのデータはプレイヤー同士で交換して遊ぶことができます。

リンク:AI ARENA BATTLE FIELD
アリーナデータをネット上で公開し、全国のプレイヤーと交換できる公式WEBコンテンツです。


③新ランカー追加

電撃ホビーマガジン誌の連載小説「ブレイヴ ニュー ワールド」から主人公機「ウィクトーリア」が、
ホビージャパン誌からオリジナル機体「フォルカス」が登場。

また3P同様に、二機の装備する新たな頭部パーツはゲーム中で使用することができます。


④データインストールシステム

メモリースティック デュオにゲームデータの一部をインストールすることで、ロード時間を短縮。
より快適なプレイ環境を提供します。

データインストールには185MB以上の空き容量が必要です。
前作に比べてゲームボリュームが大幅に増加しており、全体的にロード時間が増しています。
快適にプレイするためにデータインストールの使用を推奨します。


⑤セーブデータ引き継ぎ機能

前作アーマード・コア 3 ポータブルからのデータ引き継ぎが可能です。
3で獲得したパーツ、所持金の1/10の額をスタート時から使用できます。

また、本作のデータを「ラストレイヴンポータブル」へ引き継ぐことができます。
サイレントラインを飛び越えて、3ポータブルからラストレイヴンへもコンバート可。


⑥武器破壊システム

武器破壊の要素が導入。武器の耐久値がなくなると、警告が出て武器が使用不可能となります。
これにより更なる緊張と駆け引きが生まれます。
対戦では武器破壊のON/OFFの選択が可能です。

武器によって破壊力や耐久値が異なり、戦闘ではこれらも考慮する必要があります。

が、PS2版ではたいていの場合OFFに設定して対戦が行われていました。



■留意点、その他の仕様

アーマード・コア3の続編。舞台が地下都市から地上へシフトし、新しいミッションが待ち構える。
左腕銃の充実、実弾イクシードオービットコアや両肩追加ブースタなど、新カテゴリーのパーツも多数登場します。
アセンブリの幅は前作に比べて大きく広がりました。
PS2版で熱中するユーザーが続出した「AIシステム」も大きな特徴ですね。
通常アリーナやおなじみクリア後の隠し要素も用意されています。

新規データでのプレイはなかなかの難易度なので、初心者は3ポータブルからの引き継ぎプレイをオススメします。

注意!3ポータブルの復刻パーツは、獲得したデータを引き継がなければ使用できないようです。
(サイレントラインで新規データで始めると手に入らない)


ポータブルシリーズの独自要素などを除けば、PS2版とほぼ同じ内容です。
パーツスペックや性能ロジックも基本的には全く変更がありません。
システムバグやダミー・隠しパラメータも完全に引き継いでいる点に注意!
バースト系兵器の初弾以降が当たらなかったり、EOや武器腕マシンガンが当たらなかったりと、
良くも悪くも原作と同じ感覚でプレイできます。

(※水平分裂バズーカには修正が入っているようです)


強化オプションの詳細は不明。
クリア後に入手できるとのことですが…PS2版と同じく達成率99%が条件なのか、どうやって機能を揃えるかなど諸点…。
3ポータブルのデータを引き継げば、最初から全機能解放状態で使うことができます。



リンク:

「アーマード・コア サイレントライン ポータブル」公式サイト


FROMSOFTWARE Portableシリーズ 公式サイト
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://chilicore.blog46.fc2.com/tb.php/18-3cf4efc0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。