ちりとまとチャンネル

チリトマト好きがゲームや動画などについて取り扱っています
トップスポンサー広告 → スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トップアーマード・コア(ポータブル関連) → AC3Pインプレッション

AC3Pインプレッション

移植のクオリティはとても高く、なかなか楽しめる内容になっています。
ただ、やはりポータブルシリーズの第一弾ということで気になる点が多かったのも事実です。


■GOOD

移植のクオリティ。文句を言う人はあまりいないのでは?
それくらい、この面に関してはいい仕事をしています。
操作感はボタン配置さえ除けば、PS2版と殆ど変わりないと言えます。オミットされている部分は特に見あたらず、PS2版をプレイした人でも安心して遊べます。

特に頑張ったと思うのはグラフィック。
画素こそ荒くなったものの、全体的に劣化したような印象は最小限度にとどめられています。
FF方式の新インターフェイスはスッキリしていて使いやすい。
戦闘画面の計器類も見やすくなっていて嬉しかった。

内容はほとんどPS2版と同レベルですが、それでいてロード動作や処理落ちは少なめで低ストレス仕様になっているのも高評価。
レイアウト刷新と相まって、ガレージが特に快適です。PSPとは思えないくらい使いやすい。

アドホック通信対戦もいいですね。PS2の頃みたいに画面分割することなく、気軽に対戦出来るようになって満足しています。
周囲に対戦で盛り上がれる人がいる場合は、オススメです。


■BAD

PSPになって操作がシビアになっているのに、新しい補助機能が何も用意されていなかったこと。
ただボタン数が減った以外に変化がないので、単純に難しいです。
それに加えて致命的なのが、キーコンフィングをしても設定によっては視点リセットや武装解除ができなくなる場合が多いこと。
結果的に、納得のいく設定に出来ない人が多くいます。

それと視点カメラの挙動が悪いこと。敢えて「悪化」したと表現します。
スピード感が増して楽しい反面、自分の位置や敵との距離感がとてもわかりにくい。
また、実際のロックオン範囲と画面上のロックオンサイトが一致しないことが多くなりました。
PS3・Xbox360のAC4系のカメラに近いらしいんですが、ブーストするとしょっちゅう自機が画面から消えてとにかく戦いづらい。これは何とかして欲しい。

それと、エリアオーバー警告音がわかりにくくなったこと。
ステージの狭さは一緒なので、一部のミッションでは領域離脱による失敗がさらに多くなった。
個人的に最もストレスが溜まったのがここ(笑

ついでに、マップ画面も見にくくて使いづらい。


■アーマード・コア3そのものについて

普通に名作です。ファンからの高い人気、PSmk2での好評は伊達じゃありません。
パーツ数はもう一息!というところですが、ゲーム全体のバランスが優れています。
ストーリーもサウンドも良。3系独特の重厚な空気感が魅力。
やったことがない人にはPS2シリーズで一番オススメです。
2よりは少しだけ難易度高くなってしまいますが、2はちょっとチープな感じがあるので。


■PS2版経験者としての意見

悪く言えば、ゲーム内容そのものがPS2版の「ほぼ」丸ごとコピーであること。
実質的なボリュームアップは約十種類の復刻パーツと、たった一人の追加ランカーのみ。
正直この程度じゃ物足りない…と思った人は少なくないはず。

復刻パーツにも個性がない中途半端なものが多いです。
特に初代からリメイクされた頭部パーツの作りは手抜きとしか思えない。
他のパーツより群を抜いてダサいです。もうちょっと気の利いたデザインに出来なかったのか。

ミッションやストーリーは基本的に全く同じで、既存パーツのスペックやダミーパラメータ、システム欠陥やバグなども全部そのまま。
安心してプレイ出来たと言えばその通りなのですが、この移植版スタッフの姿勢には問題があると思います。アーマード・コア3の元がいいだけにそこが気になりました。


■総評

良くも悪くもAC3と言ったところ。
今後のラインナップに向けて、色々な課題を浮き彫りにしたと思います。

初心者にとってはさらに敷居が高くなってしまい、
原作をクリアしたプレイヤーにしても、ハンデのあるPSPで再びプレイする見返りは多くありません。
AC3Pにおいては、PSPでアーマード・コアをやることに価値を見いだせるかどうかが、評価の分かれ目になると思います。
やはりテレビに縛られず自由なスタイルでプレイしたい人、対戦をする人、携帯して遊ぶ人に向いています。


■次回への要望

・ロックオンアシスト、オートパージなどのサポート設定をオプションに追加
・視点リセット・武装解除コマンドの簡略化or設定可能化
・オリジナリティを損なわない前提で、もっとメス入れ行為を躊躇しないで欲しい
・初心者対策の充実(難易度は原作準拠で←ここがポイント)
・ダミーパラメータ&隠しパラメータを何とかして下さい
・カメラの改良
・ポーズとマップ画面を1ボタンに統合

サイレントラインポータブルでは、やはりパーツバランスの見直しもして欲しいところ。
新ミッションやストーリーの演出追加なども含めて、検討して欲しい部分です。

これらは公式サイトのアンケートで既に要望として送っておきました。
メンバー登録が必要となりますが、皆さんも検討してみて下さい。





■かなりディープな意見
 ※ここからはコアユーザー向け、辛口な批評になります

前に述べました、復刻パーツが何とも…。

初代角頭…デザインが拙い
2ハングレ…ほとんど既存の3ハングレの性能コピー
2軽量腕…個性は光るけどパーツ説明文がとんちんかん
AA軽二…最狂の産廃パーツ、なにもここまでしなくても…
2ハンド…バランス型っていうか…足して2で割っただけじゃね?
爪ブレ…刀身が一本しかない上、月光を除いて一択ブレードという詐欺
肩パルス…だからそれはチェインry

いやもちろんミサイル腕みたいな素敵で個性的なパーツもあっていいんですけどね。


さて、個人的に許せないことなのですがタンク・フロートの消費エネルギーの扱いがひどい。
移植版スタッフが明らかにシステムを理解していない証拠です。

そもそも、
通常時消費EN=歩行時に脚部パーツが消費するエネルギー
待機時消費EN=歩行時以外に脚部パーツが消費するエネルギー
であって、歩く動作のないタンクとフロートでは常に待機時消費が適応されます。
なのでPS2版ではタンク・フロートの「通常時消費EN」はいわゆるダミーパラメータでした。

PSP版では待機時消費ENのパラメータだけ消されていて、一見ダミパラはなくなっていますが…。

脚部だけを変えてACテストでENゲージを見比べると、明らかにおかしいんです。
消費ENは少ないのに、どう見てもエネルギーの回復が遅かったりする。

つまりタンク・フロートの通常時消費ENは全くのデタラメであって、実際にはPS2版における待機時消費ENが内部で適用されたままなのです。
PSP版では正しい方である待機時消費がスペック上から消され、全くでたらめなダミーパラメータだけが残る結果となりました。

これを知ったとき、凄く舐められたような気分がして頭に来ました。
一体誰がPSP版を作ったのかと小一時間問いつめたい。ACのこと全然知らないだろ!みたいな。
隠しパラメータやダミーパラメータの問題は多数あったのに、何も改善しなかったのか。
発売前から言われていたEOや武器腕マシンガンの予測射撃も、結局実装されず。

楽しめる内容になっているとはいえ、AC3Pがこんな形で発売されてしまったのは残念で仕方ありません。
サイレントラインポータブルでは、こういうところを猛省して頑張って欲しいです。
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://chilicore.blog46.fc2.com/tb.php/13-5b9586eb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。