ちりとまとチャンネル

チリトマト好きがゲームや動画などについて取り扱っています
トップ → 2012年10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【AviUtl】NL-Means系フィルタの速度?

条件

win7HP SP1 64bit
i7-3770
Radeon HD7850 Catalyst12.8

ULY2 1280x720 4442フレーム(2分27秒)→mp4 シングルパス 音声なし
設定は高画質重視の重めなやつ。

以下、特に書いてなければ輝度、色差それぞれ空間2、時間1
分散は輝度が20、色差が30(普段はこの値にしてる)




■NL-Means light for GPU TypeC

保護あり、updatesurfaceオン
13.12 fps 総エンコード時間 : 5分37.4秒

保護あり、updatesurfaceオフ
12.19 fps 総エンコード時間 : 6分 2.9秒

保護なし、updatesurfaceオン
14.14 fps 総エンコード時間 : 5分13.0秒

保護なし、updatesurfaceオフ
14.43 fps 総エンコード時間 : 5分6.7秒

GPU使用率はだいたい5~15%
保護を切ると速い。updatesurfaceは保護のありなしで結果が逆になった。



■NL-Means for DX11
14.26 fps 総エンコード時間 : 5分10.5秒

使用率はだいたい20~30%
速いが、保護機能を切ったlight for GPUとそんなに変わらないか。



■NL-Means for AMD GPU
12.02 fps 総エンコード時間 : 6分 8.2秒

使用率は5~10% ほとんど働いてくれない
厳しい結果となった。今のグラボだと性能出し切れないんだろうか。
空間や時間を増やせば増やすほど(要するに重い設定にすればするほど)、
速度面では他より有利になる。とのことだが…。



以下参考までに。


■NL-Means 計算モード3(本家)
13.88 fps 総エンコード時間 : 5分18.9秒

他の計算モードはふざけた速度しか出なかったので測定放棄。
平常時は20~30%だが振れ幅が大きい。一番GPU使ってる感じ。
なんか保護機能ありのlight for GPUより速いんですけど…どういうこと。
しかしまぁ使うかと言われれば微妙です。
フォルダに入れるだけで明らかにAviUtlが重くなり、
パラメータ弄ってると2012年現在のミドルPCですら止まりそうになることがあります。



■標準時間軸ノイズ除去(範囲3)+NL-Means light+色差ノイズ除去
13.85 fps 総エンコード時間 : 5分19.6秒

内臓GPUな人向けのCPUしか使わないノイズ除去フルコース。
普通に速いやん…。



なんか色々とやり方悪い気がする。けどどうすればいいかよくわからい。
もっと性能落としたほうがはっきりと差が出るだろうか。
いずれHD7000世代とかではNL-Meansがほとんど負荷になってないので。

…まぁ正直light for GPUひとつあればいいよねぇ。
速度はそこまで気にするほどの差は出ないし、
低周波成分保護といううれしいおまけもついてくるし。

それと、パラメータは極力揃えてみたのですが、
ノイズ除去のかかり具合は同じNL-Meansでもかなり違うようです。


上とほとんど同じエンコードオプションで、品質基準15で出力した時のサイズが以下の通り。


フィルタなし 350,086,717byte

for AMD GPU 344,508,109byte

light for GPU(保護60)216,940,081byte

本家 194,196,469byte

light for GPU (保護0)175,534,837byte

for DX11 158,103,623byte

GPUなし三点セット 151,225,665byte


for AMD GPUではほとんどサイズが縮んでません。
オリジナルとは係数やパラメータが異なるらしいので、
もっと分散とか増やさないといけないっぽい。

逆にかかり具合が強かったのがDX11版。ぼけてるのが一発でわかりました。
他のフィルタと同じ設定値を使うと危険かもしれません。

一番サイズが縮んだのは…CPUだけ使うフルコース。
時間軸ノイズ除去の範囲3、閾値16。ほんのわずかにぼけてる気がした。
ちょっと高すぎたかな。
スポンサーサイト

【AviUtl】エラーとかへの対策メモ

看過できなくなったので自分用にメモ。何かわかれば随時追加。
大概は自分の使い方のせいなので自業自得ですが。



・最大画像サイズ
自分が扱うサイズの上限をあらかじめちゃんと決めて、設定しておいたほうがいい。
一部プラグインがメモリを使いすぎてエラーになる危険性も下がる。
普通の使い方なら1920x1080で十分。ニコニコベンチマークとかしたいなら自分でがんがれ。

・最大フレーム数
あんまり弄る人はいないだろうけど、これも盛りすぎるとアウトみたい。

・キャッシュフレーム数
エラーというよりは、AviUtlの快適さに関わる項目?
盛りすぎると逆に重くなるとか。

・LargeAddressAwareを有効にする
4GB以上のメモリを積んだ64bitOSの場合のみ。管理者権限が必要な場合あり。
AviUtlが使えるメモリを増やす。4GBまでは使えるようになるらしいが…。
マシになるような気はするものの、
自分の環境では、NL-Means系とノイズ表示などのノイズ系でメモリエラーがとても出やすい。
ひどい時はGPU使わないlight版や標準のノイズ除去すら無効化される。
発生頻度を緩和できないか検証中。


・モジュールエラー(発生モジュール : KERNELBASE.dll)
アドレス0x74c5b9bcで例外0xe0434f4dが発生しました

発生モジュール : KERNELBASE.dll
オフセットアドレス : 0x0000b9bc
備考 : OUTPUT_PLUGIN_TABLE::func_output()[拡張 x264 出力(GUI)ex]

0xe0434f4dとやらはFramework由来のエラーらしい。
発生場所がKERNEL32.dllとかならFrameworkのバージョンとかインスコに問題があった可能性大。
SPが新しいものになってるか、日本語パッケージも入ってるか、破損したりしてないか要確認。

しかしKERNELBASE.dllの対策は調べても全くヒットしない。
自分のパソコンのFrameworkはバージョン確認しても特に問題が見つからない。
Windows Updateで更新プログラム当てても改善なし。
x264でエンコを開始しようとすると、初回は必ず発生する。
処理を継続しますか?ではいを選ぶと、ただ出力に失敗するだけ。
その状態でもう一度エンコ開始しようとすると、なぜか普通に処理を始めてくれる。

AviUtlの最大画像サイズを5120x2880にしていたが、これを落とすと発生しにくくなった気がする。
Psy-RDのtrellisを0にすると起こりやすくなるような時がある。
オプションの兼ね合いの問題…?原因不明。


・モジュールエラー (発生モジュールがプラグインフィルタらしき場合)
使い方が悪いか相性が悪いか、その環境で使うには厳しい可能性がある。
たとえば、Wavelet系プラグインはフォルダに入れてるだけでエラーを吐くようになることがあるらしい。
ある時からエラーが頻発するようになったときは、新しく使い始めたプラグインとか、
フィルタの組み合わせ等、チェックしてみるといいかも。

自分の環境では、ノイズ除去系とか超解像がエラー出すことがある。うろ覚え。
メモリエラーに比べればたいした頻度ではない感じ。

AviUtlとかで書きたいことメモ(仮)

・GPU向けNL-Meansフィルタのベンチマークをとる

・リサイズフィルタでの窓関数(spline.dll)の追加について

・エッジレベル調整を、rigaya様のMT版に入れ替え
判定表示がとても使いやすい。まだ乗り換えてない人は必見。

・スムージングフィルタをSIMD版に入れ替え
効き具合がより細かく調整できていい感じかも。

・ゲームとかで使われてるアンチエイリアスをAviUtlで擬似的に再現する実験



HDサイズを扱う頻度が増えたせいもあり、
無茶な使い方してるせいかメモリ不足とか例外が発生しましたを連発させてます。
超解像とかもopps!連発しまくり。今後は使う機会が減りそうです。

LargeAdressAwareとかも設定したのですが…ここら辺がAviUtlの限界なのでしょうか。
(最大画像サイズはかなり増やせたけど)
もっと丁寧に扱うようにしないと。

生存報告 2012/10(動画とかPCとかPSO2のこと)




動画のほうもブログのほうも大変ご無沙汰して申し訳ありません。
なんとか復活できそうです。

Ep11.3については8月頃にあげようと思っていたのですが、
諸事情により最近まで制作が進められない状況になっておりました。
結果的に5ヶ月近く間が空いてしまいました。

いずれ今のままでは中途半端なので、Ep11.3については10月以内のうpを目指します。
Ep12以降については未定です。シナリオの大枠は出来てますが。



それと9月にPCを買いました。これを弄っている(現在進行形)ために余計遅れたという事情も…。
今年の秋までには買おう、と決めていたのです。

これに伴って、Aviutlなど動画周りのコンポーネントは最新版に総入れ替えです。
x264GUIExとか随分変わってますね。
1920x1080でAviutlのスペースも広くなってやりやすくなり、i7のおかげでエンコも捗ります。

最大の目玉はなんといってもちょめちょめボードです。増設してよかったです。
まぁ詳しいことは長くなるので別の記事として、テストの過程で生まれた動画を以下に載せておきます。








それとPSO2もやってみました。
最初は楽しめてましたが、Lv30手前に差し掛かった所で既に満腹感が…。

とりあえずなんだろう、おつかいゲームをしている感じがすごい。
キャラクリが異様に充実してる割には、キャラをいまいち愛でられている気もしない。
その他にもこれどうなの…とPSOからプレイしている懐古厨としては思うところがいくつか。

マルチプレイ、仲間内プレイが前提ならまぁ楽しめると思います。ソロ志向は厳しいです。
しかし、一人よりたくさんが楽しいのはオンラインゲームであるからには当然なわけで。

ゲーム自体の土台は割としっかりしてる。コミュニケーション機能もいい。
けど、真の革命を起こすにはまだ至ってないと思うのです。

少なくとも、他にやりたいゲームもないのにPSO2のためにPC新調はとてもおすすめできません。
上に当てはまる人はvita版が出るまで様子見たほうがいいです。
開発費のせいかvita版を意識しているせいかわかりませんが、
現状はコンテンツの小出し感が露骨だし、改善されるべき点もまだ多い印象です。

PCについて(2012年10月現在)

■デスクトップ(メイン)

購入店舗 : 1's フルカスタマイズ(OSインストール含む)
最初はツクモで適当な推奨PC買おうかな…
と思っていたのが、気がついたら上級者向けBTOを選んでいた。なにを(ry
原因は主に2chの見すぎ。

下の構成見ればわかる人はわかると思いますがそれなりにいい値段しました。
それでもPCパーツ全般は昔に比べてだいぶ安くはなったそうで…。


OS:Windows 7 Home Premium 64bit Service Pack1

MB:ASUS P8H77-V
OCとかGPU複層利用には興味なかったので、H77チップで消去法的にコレに。割と適当。
5年くらいは調子崩さず頑張ってもらいたいです。

CPU:Intel Core i7-3770(3.40GHz/TB時3.90GHz/4core8thread)
めんどくさいので設定は買ってからは特に弄ってません。
普通の使い方だと使用率ほとんどあがらない。持て余しまくり。
動画エンコードは寝てる間にするとか、そこまでこだわりなければi5-3570kのほうが幸せになれると確信。
ただしHTT8スレッドのフルパワーエンコはメチャクチャ強力です。

CPUクーラー:サイズ 無限3リビジョンB
でけぇ…。メモリスロットの一番内側が一つ潰れてます。
一番上のPCIスロットに挿したDC-HA1とも結構ギリギリの空間。
でかいだけあってアイドル時はとても静かです。初めて電源入れた時静かすぎて驚いたくらい。
温度は今のところ高負荷時でも60度弱に収まっていて、そんなにうるさくもならないので満足してます。

メモリ:CFDのDDR3-1600のやつ 4GBx2
適当。

ケース:Antec THREEHUNDREDTWO-AB (ミドルタワーATX)
1マソ出せない、奇抜さもデザイン性もいらない→消去法でコレが気に入ったので。
自作erじゃないのでよくわかりませんが剛性は確かにあるかな。そしてよく冷える。

GPU:GIGABYTE GV-R785OC-2GD (RADEON HD7850 2GB OCモデル)
560にしよう…2ちゃんの評判を聞いて踏みとどまる

560Tiにしよう…でも500系効率悪いらしいし新しく買うPCに旧世代品もあれな気がしたので

HD7850にしよう…現行世代のミドルはこれしかない。注文確定

正直そんなにゲームするわけでもなく、GPGPUとかも興味があったのでらでおん!に心変わり。
いつプレイするかわかりませんがマインクラフトもらでおん!のほうが良いらしいですし。
出荷状態からOCとかファン回転率の設定は弄ってません。
ファンの音はデフォルトではCPUのよりちょっと大きいくらい。
少しでもあげると途端に気が狂いそうなほどの爆音をあげ始める。
まぁ静音性を完全に捨てたケースなので仕方ありませんが…出荷状態よりは回転数下げるのがベターかもしれない。
とりあえずPSO2は快適に遊べております。

SSD:Plextor PX-256M5S
将来的に動画編集の作業場にしたいので奮発して256に。
システムとちょっとしたアプリくらいなら128でも余裕だと思いますはい。
速すぎて他のPCが使っていてアカンです(笑)まさしくSSD非搭載PCを過去のものにする圧倒的POWERです。
WD10EZEXと速度比較して吹きました。

HDD:WD10EZEX
録画ドライブなので速度重視の青キャビア。
購入直後のCrystalDiskMark読みでは、 read192.5/write186.0[MB/s]
これまた仕方ないのだが駆動音はそれなりにする。

光学ドライブ:パイオニア BDR-207BK
とりあえず読み書きできて日本製ならよかった。適当。
駆動音がすごいけどバルクだし仕方ないかな。
安心と信頼のおπ製。ぺろぺろ…したい

電源:Corsair 650HXJP (650W/80PLUS銅)
他のパーツは軒並みミドルクラスなのになぜか電源だけ7年保証なハイクラスという謎チョイス
しょ、消去法でこれになったんだよ…っ

キーボード : FILCO Excellio Lite Black (FKBE109/JB)
パンタグラフがいつのまにか好きになってしまって。打鍵の感触はなかなか。

マウス : マイクロソフトのサイドボタン2つあるやつ

パッド : ホー○ックで買ってきたエレコムのCAD・グラフィッカー向けみたいなの。500円ちょい。
よく滑るけど薄っぺらい。机に直接敷いて使うとガンガンうるさいww

ディスプレイ : IIYAMA Prolite E2473HDS (1920x1080)
ブリーフオンライン領地戦ゲーと同時に購入。

スピーカー : AT-SP90
4年前にノート用に買ったものを流用。接触不良気味。
いい加減変えたいので一万以内でおすすめ教えろください


■ノート(サブ)
メーカー : 富士通
OS:Windows Vista Home Premium 32bit
CPU:Intel Core 2 Duo T7250 2GHz
RAM:2GBx2(実質3GB)

大○○協で入学時に買ってもらったもの。アムニスのAS-Ep11まではコレ。
重いわ面倒くさいわ液晶のドット欠けるわファンが逝かれて爆音になるわでかなり難しい子でした。
あと自分で水こぼして修理送りになったり。バカス

とりあえず売る時点でVistaにメモリ1GBだけとか狂気の沙汰としか思えなかった。
(ストレスフル)エアロ。

ことPCに関しては当時情弱だったので買ってから気づいたわけですが。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。